「ほっ」と。キャンペーン

Marehitoの溺れる魚は鳥かもしれない

ブログトップ

デュモンマーケティング、京大、きっこ、ほにゃらら団

本当だったら民主党は完全に吹っ飛びますね・・・
b0054154_429065.jpg

一気に各方面で情報が噴出してきて、ちょっと、コメントしようがない状態になってきたので、もう少し精査して、ネタの振るい落としが済んだあたりで整理してみます。

ガセメールはそれ自体そこそこの値段で取引されていたけれど、真の目的は株価操作にあったということになりそうですが・・・

ほにゃらら団が、デュモンマーケティング(西澤孝・佐藤晶)ときっこの日記(きっこ)の背後にあり、風説の流布による株価操作ためのメディアとして利用した、ということになりそうです。

そして西澤・佐藤ときっこをつなぐのが、民主党の京大グループ(大西健介、細野豪志、篠原孝、よしのまさひで)であり、こちらは小泉政権をスキャンダル情報で攻撃するメディアとして利用したということになります


つまりほにゃらら団と民主党が「デュモン・マーケティング」と「きっこの日記」のというメディアを、それぞれの利益のために、組織し、利用してきたということになるのでしょうか?


基本的な構造

ほにゃらら団       (1)株価操作による空売り
民主党京大グループ   (2)小泉政権スキャンダル攻撃

上記二つの目的を同時に果たすためのメディア  
 「デュモンマーケティング」  「きっこの日記」


どこまで確実なのか分かりませんが、まだまだ民主党がらみで荒れに荒れそうな気配です。

[参照サイト]
『勝ち組み』倶楽部
ESPIO
★拳論!取材戦記★
サイバッチ
情報紙「ストレイ・ドッグ」
[PR]
by SpeedPoetEX | 2006-03-02 05:21 | 政治