Marehitoの溺れる魚は鳥かもしれない

ブログトップ

きっこのモンタージュ(4)       虚言師

b0054154_22515173.jpg
叩けばほこりが出る「日記」
きっこ氏がどんなに巧妙に言い逃れ可能な捏造を垂れ流しつづけても、必ずぼろは出てきます。最近ではデュモン・マーケティングの「西澤」は「存在しない」と絶叫し、ネット中の笑いものになったばかりですが、「はじめてのおつかい」で濡れ衣をかぶせられた乙部氏は、パスポート確認済みの真っ白で、話自体が大嘘だったことも明らかになっています。きっこ氏がいかにいいかげんな裏情報を、「事実」として流通させているのかを、上げ始めるときりがありません。多分エントリーのすべてにうそが巧妙に含まれているからです。とりあえず、検証サイトを上げておきたいと思います。

人類の調和と進歩とせつなさと心強さと 
  過去話題を呼んだ事例の検証Blogをまとめています

酒とアザラシと怠惰な日々。      
  BSE問題でのきっこ氏の誤認を専門家の立場から検証しています

じじたまもきゅもきゅ           
 PSE問題できっこ氏の誤認を検証しています


「真実のみを書く」?
きっこ氏は自分の「日記」に関して興味深いことを述べています。「2005/07/28 (木) 補足的お知らせです。」において
もちろん、これは、ただの個人の日記ですから、何を書こうと自由ですが、憶測や推測だけで書くことは、あたしの「事実のみを書く」と言う主義に反しますので、もう少し調べてから断言したいと思います。
この発言が衝撃的なのは、過去から現在にいたるまできっこ氏の日記は、検証可能な部分に関しては、「うそまみれ」であることがはっきりしているからです。「うそまみれ」であることをきっこ氏自身が知っているにもかかわらず、何故「事実のみを書く」などと平気で言いつづけられるのか、理解に苦しむのです。


検証サイトが共通して指摘する、きっこ氏の特徴
芸能ネタからBSE関連問題まで、それぞれの観点から検証を手がけた方たちは、非常に類似した指摘をしています。「酒とアザラシと怠惰な日々。」のmittyu氏は
この記述のタチの悪いのは「事実のみを書く」と言いながら、事実っぽいウソを書いてることなんですよ。この一次資料は1989年のもので現在確認が難しいですしね。
「bdfd annex」のpippi氏は
でも見るからに100%嘘とバレバレなんじゃなく、ちらっと本当の情報も混ぜて、いかにもマジネタっぽい文章書くのうまいよねえ、この人。
こうした指摘は、きっこ氏に懐疑的な人々には共通する認識だと思うのですが、ここで注意したておきたいのは、この「事実っぽいウソ」や「いかにもマジネタっぽい文章」を書きつづける理由が、ある種の精神疾患のためと捉えるべきなのか、明確な目的のために正常な精神状態において遂行されていると捉えるべきなのか、判断しづらいところにあることなのです。「きっこ」という謎めいた人物を理解する上で、「単に頭がいかれたやつ」なのか、「なんか裏の目的があってやってるやつ」なのかという視点は、とても重要なポイントだと思えるからです。



「きっこの日記」は「虚言癖の日記」?
b0054154_22425578.jpg
拳論の藤堂氏は、きっこ氏をすでに名前では呼びません。「虚言癖」とかなりきつい言い方で切り捨てているようです。もちろんこれは皮肉として藤堂氏が使用しているわけで、その裏の事情は知っていても、語る気はないようです。しかし「虚言癖」でググってみるとウィキペディアでは、
虚栄心や強烈な自尊心から、自分を実際よりも大きく見せようと、ホラやうその自慢話をするものとされる。ただ、実態としては自身の言質よりも劣っているケースも多く、コンプレックス(→劣等コンプレックス)の変形と見なされている。これらでは病的になってくると、自分でも、嘘か本当かよくわからなくなってしまう傾向があり、中には空想の自分像との同一視や、現実認識に支障が出る傾向もあるなど、当人にとっても有害無益である傾向が出ることもあるとされる
うーん、剛速球ど真ん中という説明になっています。確かにこうした傾向の持ち主であれば、うそをつき続けても「自分でも、うそか本当かよく分からなくなってしまう」ので、「事実のみを書く」と言い続けることも可能かも知れません。


きっこ氏は初めから「事実」などに興味はない
しかし別の観点から、興味深い見解も出てきています。『勝ち組』倶楽部~てんこもり野郎BLOGのてんこもり野郎氏が「きっこの日記はヘイトサイトだ」という認識を示しました。これはけっこう盲点でしたね。つまり、きっこ氏は「うそ」をついているのではなく、初めから明確な目的を持って、話を捻じ曲げ続けてきた、ということになります。てんこもり野郎氏の「ヘイトサイト」という定義には、歴史的にも社会的にも、非常に根の深い、巨大な勢力との関連を予感させるものがあるのですが、そのことに関しては正直私はよく分かりません。
ただ「きっこの日記」というサイト自体が、あらかじめ特定の目的のために話を捻じ曲げ続けるように、「構造化」されているのだ、という認識はとても重要な指摘だと思うのです。

最後にもう一度、「酒とアザラシと怠惰な日々。」のmittyu氏の言葉を引用させてもらいます。
この人の文章はかなり正確な部分もあるんですよ。だから、間違ってる部分が本当に詳しい人にしか分からなくなってます。テクニックでやってるとしたら恐ろしいですね。

[PR]
by SpeedPoetEX | 2006-03-12 23:29 | 政治