Marehitoの溺れる魚は鳥かもしれない

ブログトップ

きっこのモンタージュ(21)     姉歯証言翻る

■全部嘘だった?
b0054154_317107.jpg

Q:姉歯氏の告白が話題を呼んでいます。
M:だって証拠でてないんでしょ、みんな別件で引っぱってる時点でかなり怪しいなという感じだよね。あとは自白頼みということなのかな。

Q:もし本当に全部姉歯氏一人の犯罪だったとしたら、とんでもない話ですね
M:木村建設の物件を手がける前から、偽造をやっていたということだから、とんでもない話である可能性はないとはいえない。結局、陰謀論のシナリオを書いたのはきっこ氏と民主党だから。姉歯―木村建設―ヒューザーー総研、さらに自民党の政治家と安倍氏のナントカ会、さらに広域ホニャララ団と村上ファンド、恐ろしく複雑な陰謀の図式だよね(笑)、でも怪文書ってまさにいろんなものを複雑に線で結ぶ、謎めいたチャート作りが基本だからね。

Q:責任問題とか、どうなるんでしょう?
M:これは体制側の問題でもあるけど、両面作戦なんだよね。もし自白が取れた場合、一件落着。もし自白が取れない、姉歯が嘘ついてただけってことで国民は納得するのか、という問題になる。納得してくれない場合陰謀論を信じている訳だから、捜査が手ぬるい、権力の中枢に手が及ばないように圧力をかけたに違いない、というように解釈される可能性もある(少なくとも、きっこの日記ではそう書かれるだろう)。陰謀論がさらに強力にコーティングされてしまう。

Q:ありそうですね。
M:だから別件でできるだけ重いやつを食らわせて、すでに会社も倒産したし社会的な制裁も受けているという方向で処理したい。でも、もう世間の関心は薄れつつあるというか、正直ピークはすぎている。あんまりデリケートに扱う必要もないと思うけどね。



■誰が誰を訴える?
Q:でも、それってある種の「国策捜査」になりませんか?
M:いや、社会現象みたいな盛り上がりをした事案は、みんなそういう感じになる。どっかで世論やマスメディアの顔色をうかがいながら、そのプレッシャーをどう逃がすか、緩和するか、吸収するか、いろんな対応の仕方を念頭において処理されていくものだから。ただ問題なのは、姉歯氏の証言が伝えられているように翻ったとするなら、木村建設やヒューザーはもうないけれど関係者の人たちは泣き寝入りするのか、別の手段をとるのかということだよね。総研だってそうだしね。
Q:損害賠償訴訟がおきる可能性があるということですね。
M:もしそうなったら、問題は誰に対してなのかというのが最大の問題。きっこ&まぶち(民主党)だったら面白いけど、さすがにきっこ氏は行方をくらますだろうね。でもその時には、きっこ氏が今までいかに多くの嘘をつき続けてきたか、本当は複数の人間のチームで構成されていたこと、オウムとの関連が噂されていたことなどが話題になることだろうね。



■あの頃君は熱かったByまぶち
Q:このエントリーとかを読み返すと、この頃の異様な熱気みたいなものを思い出しますね。ついこの前のことなのに・・・


しかも、既存メディアを一歩も二歩も置き去りにして...。

その意味で、メディア史においても画期的なことかもしれない。

そして「ネット時代の発信者」という意味においては、新たな大衆をリードする「メディア」と「政治家」がクロスオーバーする瞬間を大衆に予感させたのである。

自民党による証人喚問拒否をどう突き崩すか!?。

この新たな命題に向かって、徹底的にメディアを使ってのアピールを展開してきたこの二日間なのだが、いよいよ新たなチャレンジを試みた。

ブログとのコラボレート(協働)である。

多くのメールやファックスや電話でもお知らせいただいていた、ネット上のブログ、「きっこの日記」の作者との共同作業を思い立ったのである。
(中略)
果たして、どのような結果になるかはわからない。が、おそらく憲政史上初めての、「ネット連動型国民運動」である。

もはや、個人の活動領域を超えることになるが、とりあえず今日、おそばについていた野田国対委員長にもご相談申し上げる。

「素晴らしい!。前人未到の荒野のごとき、大国民運動になる!。」

の言葉をいただいた。やるしかない。もはや、止まることはできない。

M:しかし、仰々しい言葉のオンパレードだね!「新たな大衆をリードする「メディア」と「政治家」がクロスオーバー」、「ネット連動型国民運動」、「大国民運動」、絶対にこんな運動にリードされたくないね(笑)。ネットポピュリズムによる捏造政治の終焉は早かった。もちろんそれに素早くとどめをさしたのも、やはりネットなんだけどね。ここにも野田氏の名前が出てくるね。後の偽メール事件への関連を思わずに入られない。

Q:野田元国対委員長ときっこ氏、そして西澤氏・・・
M:つまり「個人の活動領域を越える」ので、野田氏から国会対策費の一部をきっこ氏に「コラボレート費」として払った、という風にも読めないことはない(笑)

Q:きっこ氏と民主党はそうした関係になっていたのでしょうか?
M:可能性としては、そう考えられなくもない。



■貧しいきっこ氏の収益構造
Q:自称貧乏なきっこ氏なんですが、そういう収益ルートの可能性も否定できないということですね。
M:きっこ氏の活動を見ていくと、日記のテーマの大きな変化と収益構造の変化、多様化が関連しているように思える。

Q:簡単に言うと、どんな変化でしょう。
M:つまり

初期の「ゴシップジャーナリズム時代」

2004年からA社のエージェントとして敵対するD社を攻撃し始める情報ロンダリングとメディアブローカー、ネットの総会屋としての「ブラックジャーナリズム時代」

2005年?あたりから政党とのつながりを開拓し始めて、民主党とのコラボレートによって国会対策費をゲットし始める「スピンドクター時代」

そして暴力団情報に乗っかった株価操作で儲け始める「風説の流布時代」、という感じかな(きっこ氏は昔から擬似インサイダーだけどね)。

つまりこれだけ複雑な収益ルートを構築した可能性があるということ。しかも全部のルートが生きている可能性がある。
b0054154_3131362.jpg
もちろんこれはきっこの日記の影響力を最悪な形で利用すればの話だけれど。



■100年後の読者
Q:「真実」である可能性がないことはないと。
M:「真実」なんてものは、きっこ氏だけのものでしょう(笑)、ここはそんな「高級」なものは扱っていない。前にもいったけど「情報のモンタージュ」をしているだけ、様々な情報を無理なく包括できるモデルの構築をしているだけです。だいたい「きっこ」の正体が明らかになる時が来るとは、正直思えない。

3億円事件のモンタージュ写真は「既に死亡している人物の写真」と言われていたし、犯人が捕まらなかった以上意味があったのかどうかわからないものだった。でも、あのモンタージュはあの時代を象徴するイコンのようなオーラがあるよね。ここのログとかが何らかの偶然で残って、100年後とかに「きっこ」という謎の人物をめぐって当時の人々がいかなる思考を重ねていったのかを解き明かす「声」の一つとして、誰かに読まれるとしたら、なんとも知れずおもしろいなあと、時々思ったりする。
[PR]
by SpeedPoetEX | 2006-05-30 03:22 | 政治