Marehitoの溺れる魚は鳥かもしれない

ブログトップ

カテゴリ:PC&ソフトウェア( 1 )

国産タブブラウザー最高峰Sleipnir 導入記(1)

<IEとタブブラウザー>
インターネット・エクスプローラーはWindowsに付属する世界で最も普及したブラウザーソフトです。かってはネットスケープ・ナビゲーターと熾烈なシェア争いを繰り広げたこともありましたが、今では9割近くのシェアを獲得し、ほぼ寡占状態が続いているのが現状です。
しかしそこに若干の変化の兆しが見えます。それがタブブラウザーの登場です。これによりIEからタブブラウザーに乗り換えが起き、シェアがわずかではありますが変動しつつあります。

<タブブラウザーとは何か?>
通常IEでネットサーフィンをする場合、閲覧したサイトが下のバーに無数に並んでいくわけです。はっきりいって「うざい」ことこの上ないです。これは無数のウインドウを立ち上げていることになるので、見方を変えればブラクラをを踏んでしまった状態と変わりません。しかしタブブラウザーは一つのブラウザーウインドウだけで、タブをチェックすることによって画面を瞬時に切り替えることができるのです。この簡易性は一度使ってしまうと病み付きになります。さらにIEに比べて非常に軽いと言うさらなる長所があります。インターネットにとって数秒の違いが、決定的な差異となって現れてきます。この点もタブブラウザーに慣れるとIEには戻れないと多くの人が感じる点なのです。

<初めてのタブブラウザー>私にとっての初めてのタブブラウザーは2ch専用のタブブラウザーでした。サーバーの負荷問題で閉鎖騒動にまで発展した2chでは、その軽減のためのタブブラウザーへの移行が声高に叫ばれ始めました。「人大杉」解決策の一つとして有志のプロジェクトチームが様々な2ch専用ブラウザーを開発し、私もこの頃から専用ブラウザーを導入し、それによってタブブラウザーを始めて体験し、大きな衝撃を受けました。最初がなんだったのか実は思い出せないのですが、一時「Live2ch」を常用し、現在は「Jane Style」を使用しています。

<Sleipnir導入へ>
2ch専用のタブブラウザーから、通常サイトの閲覧のためにIEに戻らなければならないのですが、だんだんこれが苦痛になってきていました。しかし長く使ってきたIEにも愛着があって、なかなか手放す気にならずだらだらと使いつづけてきたわけです。

そこに飛び込んできたのが、とてもおもしろい(不謹慎ですが)ニュースでした。それはSleipnir (スレイプニル)という有名なタブブラウザーの製作者のパソコンが盗まれ、ショックを受けた製作者がソフトの開発中止を決断したと言うニュースでした。このニュースはかなり大きく報道され、Sleipnir を愛好していたユーザーを中心に大きな波紋を投げかけました。問題はこの後です。様々な経緯はあったようなのですが、製作者が腹をくくって、自らの会社を立ち上げ、Sleipnir2の開発を開始したのです。Sleipnirは前と同じく無料で提供され、広告収入でペイしていこうと考えだそうです。個人的に、こうしたリスクを背負って一歩を踏み出した製作者に対する敬意と、その後押しをしたと思われる多くのユーザーをとりこにしたSleipnirというタブブラウザーに俄然興味が湧いてきたのです。
[PR]
by SpeedPoetEX | 2005-08-26 04:44 | PC&ソフトウェア