Marehitoの溺れる魚は鳥かもしれない

ブログトップ

カテゴリ:ニュースやぶにらみ( 26 )

『きっこのブログ』と星占い

うーん、デジャヴかな・・・

意味不明で申し訳ない(笑)
[PR]
by SpeedPoetEX | 2006-02-03 07:48 | ニュースやぶにらみ

Xbox360発売4日で旧型へ

Xbox360:「HD」規格の次世代DVD採用機発売へ

ある意味で、これほどのグローバルな詐欺は珍しいかと思います。法的に問題はないのでしょうが、「倫理的」には詐欺同然ですね。MS側からは曖昧な「否定コメント」らしきものが出ていますが、逆に記事の真実性を高める結果になっています。

実は以前から2chなどに「12月15日までに東芝株買っておけ」という謎めいたコピーを見かけていたのですが、Xbox360のHD-DVD搭載新機種の情報漏れを意味していたのでしょう。

この「倫理的な消費者詐欺」行為によるMSのイメージダウンは、よほどの思い切った措置でもとらないかがリ回復不能ではないでしょうか?日本では4日ですが、欧米ではかなりの数を売りさばいているわけですし、下手すると集団訴訟にも発展しかねないのでは・・・

個人的にはPS3が売れるかどうかは別として、MSのゲームハードからの撤退は3年以内に起こると予測しておきます。殿様商売もこのへんが潮時でしょう・・・
[PR]
by SpeedPoetEX | 2005-12-15 18:30 | ニュースやぶにらみ

日系ペルー人逮捕

広島の木下あいりちゃん殺害事件の犯人が逮捕されました。犯人は日系ペルー人の男性で、かなり不意を突かれた感がします。マスコミは多分、犯人をニート、引きこもり、おたく、のラインでシナリオを描いていたでしょう。そこから犯人逮捕、現代日本の病巣みたいな「オチ」に持っていこうという目論見だったんじゃないでしょうか。

ペルー人逮捕という意外な展開で、この悲劇的な事件をどう位置付けていいのか混乱が生じているように思えます。外国人犯罪の増加というシナリオも中国人や韓国人のような、組織で動く金目当ての犯行とは異質な感じがしますし、形のつけにくい事件になってしまったなと言う気がします。

何かの事件が起きたとき、私たちはその事件を現代日本の複雑さに起因する歪みの突発的な自己表現と考えることが多いわけです。つまり私たちの思考は、事件の本質を犯罪者の内的要因からではなく、社会システムの側から逆算して把握しようとするわけです。

こういう事件が起こったとき、事件の「現実性」と「象徴性」の露骨な乖離が暴かれる形になることで、人間の思考の外枠が垣間見える形がしてなんともいえない気分になります。
[PR]
by SpeedPoetEX | 2005-11-30 19:06 | ニュースやぶにらみ

女人禁制の山にバカが強行登山したらしいです

<またもや「無謬性という病」・・・>
女人禁制の大峰山で女性ら3人が登山強行 

前に「民主党的な主体」のところでも書きましたが、ここにも「無謬性という病」が見られます。そこから出てくるのは「愚民の論理」なんですね。自分たちは絶対正しい、ないし進んでいる。それに対して「女人禁制の山」を伝統だなんていってる連中は間違ってる、古いのだ、と言う発想です。キリスト教の宣教師がアフリカの未開の地に押し入って、土地の民族宗教を破壊していくのと類似した思考がここにあります。その根底にあるのは文明の進化に対する確信であり、自分たちは人類の進むべき方向を先取りしていると言う、空想的な領域に構築されている特権的な地位へのアイデンティファイです。つまりこれこそが知性の壊死とも呼べる「無謬性という病」の構造なのでしょうね。

<不快としか言いようがない、「やったもん勝ち」の稚拙な発想>
とりあえず既成事実を作ってしまえと言う発想は、本当に不快ですね。後戻りの出来ない状況に追い込んでやれば、後はこっちのペースで物事を進めることが出来ると言う、暴力的としかいいようのない発想は吐き気がします。とりあえずレイプして妊娠させてしまえば、俺の言いなりになるだろう的な、下衆で救いようのない稚拙な思考が、彼女たちには人類を新たな未来へ導く勇気ある行動に思えたのでしょうね・・・

<ネオ進歩的文化人の台頭?>
最近気になっていたのは、ネオ進歩的文化人とも言える人々の粗雑で高圧的な発言や発想が目に付くようになってきたことです。「愚民の論理」を恥も外聞もなく振りかざす、ずれた勘違い野郎がまたぞろ台頭しつつあると言う実感を強く持つようになりました。自分が愚かな大衆を指導できるのだという、滑稽で軽薄な認識をもった自称知識人の台頭に、正直驚愕しています。吉本隆明以前の問題にまたもや私たちは直面しているのでしょうか?とうに死滅したと思っていた存在が、ゾンビのようによみがえってきているのを目の当たりにして、どこかできっちりと対応していかないとやばいことになるなと、感じている次第です。
[PR]
by SpeedPoetEX | 2005-11-05 08:57 | ニュースやぶにらみ

2ちゃんねるは燃えているか?(1)

最近2ちゃんが騒がしいですね。もともと揉め事を捜し求めて、ネット空間を彷徨い、標的を見つけると大挙押し寄せるのが「伝統」みたいなところがあるのですがw、ここのところ立て続けに大物を吊り上げている感じで、異様な盛り上がりを見せているようです。

2ちゃん管理人ひろゆき氏のBolg「浮気調査推進派元祖しゃちょう日記」のかかっていきたいと思うのですが、具体的にはどうしたら?で、元雑誌編集長のかなりぶっとんでいる、挑発的なBlogに管理人自らがファイティングポーズをとった感じになっています。その後の悲惨な展開はまとめサイトで確認できます。

さらに、現在進行形で炎上しているのがエイベックスの「のまネコ」問題ですね。まえにタカラで一悶着あった2ちゃんアスキーアートの肖像権問題をまたぞろ繰り返しているあたりが、エイベックスという若い企業の現状認識の甘さというところなのでしょうか・・・。向こうも引っ込みがつかなくなっているので、決して謝罪と言う形をとらずに状況を収束させるための撤退を模索しているようですが、それが2ちゃんねらーの怒りにさらなる燃料を投下しているようです。そこに脅迫事件と、自作自演問題が絡み合って落しどころが見つからなくなっている感じです。

<2ちゃんねるとは何か?>

私の個人的な見解では、2ちゃんねるとは「大江戸八百屋町」である、ということです(笑)
2ちゃんねらーとは、つまり仮想空間に生息する「江戸っ子」なのだ、と言う理解になります。

じゃあ、お前は江戸っ子とかちゃんと分かってるのかと言われれば、適当なイメージで言っているだけなんですが(笑)

「火事とケンカは江戸の花」といいますが、2ちゃんねるもまさにこの言葉があてはまります。インターネットにおいて「火事=炎上」と「ケンカ=揉め事」はほぼ同意義になるのですが、江戸っ子と同じように2ちゃんねらーも常に揉め事を探して、あくびをかみ殺しながらネットをうろつきまわっています。そしてそれを発見するや、頼まれもしないのにみなに触れ回り、さらに激しく燃え上がらせようとするのです。
[PR]
by SpeedPoetEX | 2005-10-06 03:37 | ニュースやぶにらみ

NHK新生プラン

NHKの変質はどのあたりから始まったのか、その線引きは多分島さんあたりでしょうか。とにかくあの前後あたりからのNHKの妙な民放へのすりより方は、様々な反響を呼びました。

NHKらしさ、と言って私たちが感じるのは視聴率にとらわれない良質な番組の提供、と言ったところでしょうか。過剰に視聴者を煽るようなセンセーショナリズムとも無縁な落ち着いた、別の言葉を使えば「地味」な番組構成は、民放とは一線を画するある種の格調高さをかもし出していました。しかしある時期から民放を意識しているとしか言いようのない、「あざとい」空気が全体に漂い始めます。

「視聴者が望むものを」というエクスキューズによってN特からプロジェクトXへの道は開かれたわけですが、「やらせ」問題も絡み番組も終了が決定したようです。

NHKと民放の差異は「バーリトゥード」と「プロレス」の差異であったと思います。NHKの「やらせ」というのはまさにNHKが「プロレス」を志向するようになって起きた、ある意味では不可避的なことであったように思います。

NHKは「新生」を目指すようですが、それが「回帰」を意味するのか、それとも全く異なった形での再構築を志向しているのか、しばらくは注視する必要がありそうです。

「視聴者第一主義」と言う言葉のはらむ危うさにNHKがどう向き合っていくのでしょうか・・・
[PR]
by SpeedPoetEX | 2005-09-26 03:37 | ニュースやぶにらみ