Marehitoの溺れる魚は鳥かもしれない

ブログトップ

高岡VS2ch騒動  「反日」というカテゴリー

経緯
発端は女優の宮崎あおい氏との「同棲」がメディアにスクープされたことに遡ります。当初の宮崎あおいファンの動揺はやがて同棲相手の高岡蒼甫氏の人物像に焦点が移り、映画「パッチギ!!」に出演した経歴、韓国メディアで「個人的には日本という国はあまり好きではない。韓国に対し、日本は卑劣なように思える。日本政府は正しい情報を国民に伝えるように願う」と発言し、一時2chで「反日」的な人物として注目を集めていたことが再発見されます。(たいして有名でなかったことから、その時は「祭」には至りませんでした。)ここから「罵倒合戦」が始まりますが、内容については触れません。

b0054154_2541870.jpg


原因と結果
ここまで「祭」化してしまった原因は、当然「宮崎あおい」ファンの逆鱗に触れたことがあげられますが、それと同時に「反日俳優」というレッテルが宮崎あおいファンでない人々も巻き込む形で騒動を大きくしてしまったという事にあります。つまり、高岡氏の人気女優との同棲という「行い」が、地中深く眠っていた「過去の発言」まで誘爆させてしまったということになります。その二つの要素が化学反応をおこしながら、激しく燃え上がったということです。




■「反日」というカテゴリー
先日、橋本元総理がお亡くなりになりました。しかしその最後は、最盛期とは比ぶべくもないほどに寒々しいものでした。彼の晩節をここまで汚してしまったものは、日歯連の一億円献金問題における対応の醜悪さもさることながら、一時は総理候補とまで言われた高村元外務大臣などを連ねて行った、中国訪問に尽きるでしょう。あの訪問は「朝貢外交」と批判を浴び、彼の僅かに残っていた評価を暴落させました。つまり彼は「売国奴」の汚名とともに、この世を去ったということになります。

今日本国内では中国や韓国にのこのこ出かけていって、おべっかを使い、ぺこぺこ頭を下げて、謝罪してくる政治家の行動は「朝貢外交」と揶揄され、「反日」、「売国奴」のレッテルがもれなく貼られます。最近ではかっての道路公団のドンである、古賀衆議院議員、山崎拓元自民党幹事長がそうでしょう。そしてF1ドライバーの佐藤琢磨氏が、中国への謝罪と賠償を述べたことに対して、国内で猛烈な反発が起こり、即謝罪となったのも記憶に新しいですね。また漫画家のちばてつや氏が韓国のマンガフェスティバルで「謝罪」したと言う件が報道され物議をかもしましたが、ちば氏がこの事実を即座に否定し事なきをえました。

高岡氏は今回の騒動によって、「反日」、「売国奴」のカテゴリーにきっちりと収まってしまったわけです。今の日本でこのカテゴリーに分類された人物で、その後自らの力と影響力を維持しえた人は、皆無と言っていいかもしれません。そのくらい過酷な風当たりの強いカテゴリーに、若い高岡氏ははまり込んでしまったのは気の毒な面もあります。エントリーも削除され、「ガキだった」という謝罪とも反省ともつかないコメントがUPされていました。今のぞきに行くと、かなりへこんでいるらしく、それなりに謝罪と思えるコメントがUPされなおしていました。
役者という立場にある人間が影響力のある公共の場で軽はずみで不適切な発言がありましたことを心からお詫び申し上げます。
どうも当分更新はないようですね。この問題は、明日もう少し違った角度から書きます。
[PR]
# by SpeedPoetEX | 2006-07-24 02:56 | ニュースやぶにらみ

全てが30秒に収まる世界

angry alien productions
b0054154_0342086.jpg


このサイトは有名な映画を、30秒のアニメーションにして公開しているサイトです。久々にのぞくと作品数が増えていました。「ブロークバック・マウンテン」とか、やっぱり笑ってしまいます。「シャイニング」も何度見ても笑えます。鳩カメラの無意味さも素晴らしい(笑)

昔、曖昧な記憶ですが、文化人類学者の山口昌男氏が、全ての物語ははや回しにすれば喜劇に、ゆっくり再生すれば悲劇になるとか言っていいたことが思い出されます。
[PR]
# by SpeedPoetEX | 2006-07-22 00:42 | サイト

「山本さん」の例の事件について(2)

■余波は続く
この事件は2chでも大騒ぎになりましたね。スレも芸能板だけであっさりと100を超えました。YouTubeでも加藤氏の涙の謝罪会見が120万回以上の再生数を記録、東京タワーは放送延期、めちゃいけは山本氏の部分のみカットと言う話だったんですが、CSの方は放送予定の欄が白紙になったらしく、微妙な情勢です。みのさんの「深夜にタレントさんの部屋に行く女も女だよ」発言も話題を呼んでいますね。2chでは擁護派、批判派入り乱れて情報工作しまくりで、バイアスがかかりまくってそれがまたおもしろいです。
b0054154_422665.jpg

■ありえない事件とありそうな事件
この事件はマーシー事件匹敵するインパクトを持ったわけですが、その理由は「ありえない事件」だったからです。お笑い芸人が「未成年と淫行」なら十分「ありえる」事件なのですが、ことが「暴行」という時点で「ありえない」、しかも人気タレントで高視聴率のレギュラー番組をもっている人物がそんなリスクと引きかえに、自分の人生、自分の社会人としてのキャリアを終わらせてしまうということが「ありえない」わけです。つまりこの事件は何重もの「ありえない」要素で構成されていることになります。

映し出されてくるもの
私たちはこの事件を、芸能人の社会人としての「あるべき振る舞い」の問題として受け止めると同時に、一人の人間の破滅とそこから波及していく様々な影響をそれ自体一つのドラマとして体験しています。そして事件の波及の先には球団解散宣言をした欽ちゃんの決断、みのさんの「女も女」発言など、そこに関わってくる様々な人々の態度を通して、この時代の空気を定義するおおまかな倫理観が映し出されてくるのを見守っている状態にあります。メディアを通して映し出されてくる時代の鏡の中で、自分がどんな立ち位置にいるのか認識することになるはずです。自分がマジョリティーなのかマイノリティーなのか、冷めているのか感情的になっているのか、そして人間として誰に深くアイデンティファイしているのかもです。そしてそこに映し出された自分自身の姿に修正の必要を認めるのか否かの判断を下す時が来るのを、待っているわけです。
[PR]
# by SpeedPoetEX | 2006-07-21 04:02 | ニュースやぶにらみ

「山本さん」の例の事件について

■今だに「さん」付け
人気お笑いタレントの山本圭一氏が17歳の少女に「性的暴行」を加えたという疑いにより、吉本興業を解雇されました。極楽トンボは解散、芸能活動の全面停止、さらに所属していた欽ちゃん球団も解散と、その余波は当分続きそうです。TVニュースでも今だに「山本さん」とさん付けしている段階で、事件の詳細がまだつまびらかになっていません。警察に訴え出たという「17歳の無職少女」というのも、何か裏がありそうで、個人的には山本氏に対して「気の毒だな」という気持ちがまだ強いです。誤解を恐れずに言うならば、「運が悪かった」ということでしょうか。一説には少女の彼氏が事の次第を知って激怒し、警察に行くはめになったという話もあります。多分芸能人はこういう行為に及ぶパターンはザラにあるでしょうし、関係した少女が未成年である場合も当然あるでしょうが、翌日警察に訴え出ると言うことは、よほど暴力的に事に及んだということなのか、その気がなかったのに過剰に飲酒をさせられ意識不明にされて暴行されたということなのか、もしそうであるならかなり陰惨な事件になる訳で同情する余地もないわけですが。しかし、何かよくわからない事件です。


b0054154_0433117.jpg


■欽ちゃんの判断と打算
萩本欽一氏が茨城ゴールデンゴールズの解散を表明しました。最初これはちょっと厳しいかな、とも思ったのですが無職少女を山本氏に紹介したのが、チームのメンバーだったらしく、山本氏一人の問題ではなく欽ちゃん球団全体の問題という捉え方もできる訳です。つまり欽ちゃん球団のチームの複数メンバーが関与した事件と解釈すれば、欽ちゃん自身のチームに対する管理責任が問われることになります。逆にいうと自分の管理責任の問題を巧妙に山本氏一人に背負わせてうやむやにした、という解釈も可能ですね。地方遠征のたびに選手たちが悪さをして歩いているとするならば、イメージとはかなりかけ離れた球団であったということになるでしょうし、もともと球団運営費の部分もかなり謎めいた球団でしたし、そうした経済的な見通しの部分からもここでチームを畳んでしまおうという判断に拍車をかけた可能性もあります。どちらにしても、欽ちゃんの涙に私はあまり心が動きませんでした。相方だった加藤氏の涙には心が動きましたが。




■ラストワンチャンスはあるはず
さすがにこの事件、2chで見たときはネタかと思いました。実際、この事件に匹敵するのはマーシー盗撮事件以外に見当たらないからです。しかしマジだった、うーん、山様のファンだったんですけど(笑)。芸能人でも政治家でも何か妙な事件を起こしそうな人は、直前から得体の知れないオーラを発散するようになるのですが、山本氏はそういう気配は見えませんでしたね。最近、私が一番何か起こしそうだとマークしていたのが、ココリコの遠藤君だったのですが。しかし、事件の詳細が明らかになって、同情の余地がある事件であったとするならば、もうワンチャンスは必ず来ると思います。事務所もオフィス北野とか拾ってあげないかな。そして一年か二年は冷や飯を食って、再起してくれたらと思います。
[PR]
# by SpeedPoetEX | 2006-07-20 00:47 | ニュースやぶにらみ

ミサイル外交の顛末が語るもの

■サミット閉会
北朝鮮制裁を巡る国連での駆け引きは、サミットの主題にも大きな影響を与えたようですね。外交上の戦略的な駆け引きにおいて一貫して日本が主導した珍しいケースとなりました。まだプロセスで勝ち負けを議論するのも微妙なところですが、サミットに出席した中国の胡錦涛国家主席は明らかに精彩を欠いていました。打ちのめされ、屈辱にまみれている、あるいは他者からそうした眼差しで見られてしまう、ということを意識した上で、平静に見えるように懸命にカバーアップしているように思えました。主席の表情から中国が北朝鮮をうまく制御できなくなっていることが分かります。ロシアに関しては、もうほとんど北朝鮮に対しての影響力はゼロでしょう。
b0054154_0333919.jpg


■ニューセット
日本は今回、この状況を完全とは言えませんが、とても巧妙にコントロールすることが出来ました。制裁決議は回避することになりましたが、もし次に何かあれば、北朝鮮がさらにミサイル発射実験を継続すれば、すばやく制裁決議に移行できる足場を構築したことになりますし、国際関係において中国を孤立化すれすれに追い込むことに成功しました。サミットにおけるブッシュ・小泉両首脳の表情と胡錦涛国家主席の表情を見比べれば、現時点では中国に対して日米両国が圧倒的な相対的優位性を確保したことは確かなようです。制裁決議案を提出して、中国に拒否権を発動させられれば最高だったんですが、それは欲張りすぎかもしれません。あと注目したのはドイツのメルケル首相です。親米派と言われるだけあって、ブッシュ大統領とも小泉首相ともとても友好的な感じでした。逆にフランス、イギリスが微妙に浮いていた印象でした。日米独があらたなセットを形成していく、予兆かもしれません。




■日米協調外交はよりアグレッシブになる?
今日のTVタックルで、日米首脳会談の時、次の総理は誰だとブッシュ大統領に聞かれて、安倍氏の名前を答えとして出したと伝えていました。もしこれが本当であるならば、ブッシュ・小泉がブッシュ・安倍に移行することはほぼ確定で、日米同盟はよりアグレッシブにになっていくことが決定的となります。アメリカはイラク問題の長期化とその混乱から外交手法を転換して来ていることは明らかで、自分が前面に出すぎず日本などをまず立てて、それを背後からコントロールしていく手法に変わりつつあります。とするならば次期総理である安倍氏は日米協調路線におけるアジア方面の「表の顔」として、日本の国益とアメリカの戦略手法との調整能力を強く求められることになりそうです。いいブレーンを周りにきちんと配置して、来るべき時に備えてもらいたいものです。
[PR]
# by SpeedPoetEX | 2006-07-18 00:36 | 政治

イタリアPK戦の果てに4度目の優勝

最初のシュミでPKでたあたりで、このしょうもない展開は予想されていたのかもしれません。しかしジズーは何か言われたんでしょうか?ぶっちゃけ「糞試合」でした。えてして決勝は凡戦になるものなんですが。イタリアはリーグが八百長スキャンダルで崩壊寸前ですから、後になって「これがイタリア最後の輝きであった」とか回想されないように、がんばってもらいたいものです。WCを総括すると、個人的には低調な、今一盛り上がりに欠けるものだったなという気がします。やはりDFに比重を置いたデザインのチームが勝ち残る、ということが証明された気がします。
b0054154_547568.jpg

[PR]
# by SpeedPoetEX | 2006-07-10 05:53 | サッカー

三位決定戦

毎回何のためのゲームか、その存在意義を見出せないです。
胴メダルがもらえるわけでなし、
次回のWC予選免除とかの特典があるわけでなし。

この空虚感はなんだろう・・・
[PR]
# by SpeedPoetEX | 2006-07-09 06:12 | サッカー

北朝鮮の最後の日

北朝鮮のロジック
Q:一夜明けて、新たにテポドン2号が確認されるなど、事態は一向に収束する気配を見せませんね。
M:北朝鮮は緩慢な自殺を遂げようとしているのだろうか?もしそうでないとするならば、彼らの取っている行動は彼らに見えている政治的コンテクストから逆算されて出てきているはずだよね。それをどう再構成するか、という問題になるのかも。

Q:単に「狂ってる」と言う説も出ていますね。
M:まあ、ギリギリのラインを取っている、理性的にそれなりのロジックで、と考えてみよう、とりあえずは。


■「戦争にならない」根拠
Q:絶対条件は「戦争にはならない」ということだと思うんですが。
M:そうだね、アメリカは軍事行動に出ない、というぎりぎりの判断があったはず。問題はその根拠だよね。

Q: 国連安全保障理事会では中国とロシアが拒否権を発動し、日本の提案したの制裁決議案は否決される見通しです。
M:このレベルの制裁でも否決される訳で、地政学的に見てもロシア、中国は北朝鮮をバッファとして残しておきたいんだろうね。

Q:アメリカが日本と協同で、北朝鮮に先制攻撃をかける可能性はありませんか?
M:十分以上にあるね、問題は「今、その時か?」ということ。北朝鮮のミサイル技術を今回の発射実験から推定すると、やはりまだ差し迫った脅威という段階にはないという判断があるかもしれない。そうだとするとこの事件をすぐさま軍事行動に直結させるより、日米共同のミサイル防衛構想を追い風に乗せて加速させたり、制裁に後ろ向きで態度が曖昧な中露の二大国に対して、国際的なプレゼンスをより効果的に印象付けるなど、先行してやるべきことはいくらでも見つかるはずだからね。

b0054154_441831.jpg

北朝鮮最後の日
Q:しかし、偵察衛星で確認したところによれば、テポドン2号は故意に短距離で撃ったのではなく、明らかに故障により墜落したもので、それがなければハワイ周辺海域に着弾していた可能性が高かったことになります。
M:うーん、なんかアメリカ政府も態度をいっそう硬化させているという報道も出ているね。困ったもんだ(笑)

Q:こうしたことが徐々に明らかになるにつれて、中国やロシアの北朝鮮に対する影響力の低下は鮮明になってきました。不確定性がより高まった北朝鮮に対して、米国が軍事行動に出ても強く非難は出来ない状況が整いつつありますね。
M:北朝鮮が「おもしろい」と思うのは、ゴミみたいな国なのに、どの大国のコントロール下にも絶対入らないという、徹底したプライドとそれを可能にするラディカルなマキャベリズムを有していることだね。中国とロシアの関係も北朝鮮から見れば自らを「高く売る」ための利用すべきパワーバランスの一つに過ぎない。北朝鮮は全ての国に自分を高く売ろうとするけれど、結局どの国も北朝鮮を所有することは出来ない。周辺諸国との様々な駆け引きの中で、不可避的に発生する権力の真空状態を猫のように巧妙に利用しつづけている。どの国も結局、空手形をつかまされるだけなんだよね。

Q:それはいつまで続くんでしょうか?
M: アメリカのミサイルが北朝鮮を国家ごと永遠に沈黙させるまでだろうね。問題はその時、北朝鮮として存在した国家らしきものは、韓国ではなく中国のものになるような気がする。つまりアメリカは北朝鮮を無力化した上で、中国に譲るだろうということだ。そんな気がしてならない。目と鼻の先にアメリカ軍にいすわったり、韓国との併合を中国が許すとは思えないから、裏でそうした取引がある可能性があると思うよ。三方一両損という感じでね。

[PR]
# by SpeedPoetEX | 2006-07-07 04:45 | 政治

フランス決勝進出!ポルトガル動き重く。

サッカーと言うのは分からないものです。最初はメンバー内からダメだしが出るほどだったフランスがここに来て波に乗り、まさか決勝に進出することになろうとは。ポルトガルはデコが前半から判断が遅すぎました。変えてもよかったんじゃないかな・・・。そこまでフェリペ監督ハ思い切れなかったようです。ポルトガルのWC制覇というのを一瞬夢見たんですがね。正直、ゲームとしてもちょっと退屈だったかな・・・。

Where the Hell is Matt?
これで気分をリフレッシュ(笑)
[PR]
# by SpeedPoetEX | 2006-07-06 05:59 | サッカー

北朝鮮の効果的な利用法を考えよう

タイミングをどう解釈するか?
Q:7発と言うのは、さすがに驚きますね。
M:うーん、北朝鮮内部でどういう意思決定の果てにこうなったのか、それがすごく知りたい。
Q:内部の権力闘争説も囁かれていますね。
M:前の列車爆破事故も暗殺未遂だったと言う話もあったね。

Q:軍部、政府、暗殺派、いろいろ複雑に入り乱れているのかもしれませんね。
M:どういう政治的コンテクストに関連付けるかで、解釈がかなり違ってくるからね。今回のミサイル発射のタイミングも、北朝鮮のロジックを推測するための重要な材料だね。

Q:ミサイル発射の可能性は前から指摘されていた訳ですが、ワールドカップにぶつけると言う説もありました。
M:小泉首相の訪米にもぶつけてこなかった。この辺が不思議なんだよね。

Q:ある種の配慮なんでしょうか。
M:結局同期したのは、ディスカバリーの打ち上げと、韓国の海洋調査の二つ、その少し前にも中国が事前通告なしで資源調査をしているけどね。どっちがメインかと言われれば、やはりディスカバリーでしょう。「アメリカがディスカバリーを打ち上げる自由があるように、我々にもミサイルを打ち上げる自由がある」みたいな(笑)

Q:日朝ピョンヤン宣言も完全に反故にされました、滅茶苦茶ですね。
M:つまり、日本との約束などどうでもいい、でもアメリカは我々を無視するな、ということじゃないかな(笑)


■この状況をいかに利用するか
Q:おきてしまった以上、この状況にどう対応していくかが問われるわけですが。
M:いやー、実際このミサイル発射で流れをつかんだ勢力も多いと思うよ。国内では、北朝鮮強硬派は願ってもない流れに入りつつある。この好機を可能な限り利用しなければバカだよね。

Q:アメリカとの強固な連携を構築した小泉政権も、流れに入りそうですね。
M:やっぱり小泉首相って流れを引き寄せる力があるよね。これは小泉サプライズではないかもしれないけれど、この異常な事態が小泉政権の外交政策が、結局は最も現実的で有効な政策であったと印象付けることになるからね。対米協調路線の強化にも、なし崩し的に作用しそうだしね。

Q:日本政府としてはどう対応していくのでしょう。
M:とにかく、こうした脅しにアメリカがおびき出されないように釘をさしておくこと、そして東アジア外交に対する中国の影響力低下の隙を突いて、ロシアとの関係を分断し対北朝鮮外交において日本・アメリカと共同歩調を取るように引き込めたら最高。まあ、後やるべきことはいろいろあるけれど、とりあえずこの「好機」にできるだけの手を打つべきでしょうね。最高なのは北朝鮮を手なづけた上で、核武装させて中国に対する「防人」化させることなんだけどね(笑)



b0054154_1574444.jpg

[PR]
# by SpeedPoetEX | 2006-07-06 03:56 | 政治